リーガルメディア > 登記 > 役員変更 > 【取締役の登記】申請手続きと必要書類(まとめ)
役員変更

【取締役の登記】申請手続きと必要書類(まとめ)

取締役の就任や任期途中での辞任が生じたら、法務局に役員変更登記を行います。

登記の際は、就任か重任(再任)かで申請の流れが異なりますし、辞任や解任などの退任事由によって必要書類も違うので注意が必要です。

この記事では、就任、退任、重任の登記で必要な手続きと書類を簡単に紹介します。さらに、詳しい情報を記載している記事のリンクを貼っていますので、ぜひ登記申請する際の参考になさってください。

取締役の就任登記

取締役が新たに就任したら、選任した株主総会の日の翌日から2週間以内に、管轄法務局に登記申請を行います。

取締役就任登記の申請手続き

登記申請で必要となる書類は、取締役会設置会社であるか、取締役会非設置会社であるかによって、多少異なります。

取締役の就任登記の必要書類一覧

取締役の退任登記

取締役の退任事由には「辞任」「死亡」「解任」などがあります。登記をする際は、それぞれの事由に合わせて必要書類を用意します。

取締役が辞任したとき

役員が辞任した日の翌日から2週間以内に、本店所在地を管轄する法務局に申請します。必要書類は変更登記申請書辞任届です。

取締役の辞任登記の手続きと必要書類

取締役が死亡したとき

取締役が死亡したら2週間以内に管轄法務局に登記手続きを行います。必要書類は変更登記申請取締役が死亡したことを証明する書類です。

なお、代表取締役が死亡した場合は、取締役会設置会社であるか、取締役会非設置会社であるかにより必要書類が異なります。

取締役、代表取締役死亡時の登記の申請手続きと必要書類

取締役を解任したとき

取締役を解任するには、株主総会の決議(普通決議)が必要です。登記申請は原則、株主総会で解任決議を行った日の翌日から2週間以内に、管轄法務局へ行います。

必要書類は変更登記申請書、解任決議を行った旨を記載した株主総会議事録株主リストです。

取締役の解任登記の申請手続きと必要書類

取締役の重任登記

任期満了にともない退任すると同時に再任することを重任といいます。重任登記の申請手続きと必要書類は、取締役会設置の有無や代表取締役の選定方法によって異なります。

取締役重任登記の申請手続きの流れ

取締役重任登記の必要書類一覧

取締役登記の書類一覧

下表は、取締役の登記で登場する書類の一覧表です。登記申請の際にご参考ください。

書類名必要となるケース関連記事
変更登記申請書全ケース記入例
株主総会議事録
  • 就任
  • 解任
  • 重任

※代表取締役の就任、重任(選定方法が「株主総会決議」「定款変更」の場合)

株主リスト同上記入例
就任承諾書
  • 就任
  • 重任

※代表取締役の就任、重任(代表取締役の選定が「取締役の互選の場合」)

本人確認証明書
  • 就任(取締役会設置会社の場合)
印鑑証明書
  • 就任(取締役会非設置会社の場合)
辞任届
  • 辞任
説明
死亡を証明する書類
  • 死亡
説明
取締役会議事録※代表取締役の就任・重任(取締役会設置会社)
取締役の互選書※代表取締役の就任・重任(取締役会非設置会社で、代表取締役の選定方法が「取締役の互選」)
定款同上
印鑑届書※代表取締役の就任
委任状代理人が登記申請を行う場合

登記の必要書類を簡単作成する方法

ご紹介したように、取締役登記の必要書類は、就任、退任(辞任、死亡、解任など)、重任などのケースによって変わります。そのため、必要書類は何を調べたり、多くの書類を作成したりするのは、大なり小なり負担がかかるものです。

そうした負担や手間を大幅に軽減できるLegalScript(役員変更)は、Web上の簡単入力だけで必要書類を作成できるサービスです。機能や料金については、専用ページで詳しく紹介しています。ご興味のある方は、以下バナーよりご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

LegalScriptで法人登記書類を簡単作成

「登記をもっとシンプルに、もっとスマートに」をコンセプトに、会社設立や住所移転などの法人登記書類作成を気軽に行えるサービスです。
フォームに従って必要事項を入力するだけで必要な書類を簡単作成。
会社の資金の節約、事務負担の削減をお手伝いいたします。