リーガルメディア > 総務・労務 > 【役員が引っ越した際の住所を変更登記する期間はいつまで?】
総務・労務

【役員が引っ越した際の住所を変更登記する期間はいつまで?】

株式会社の登記事項・有限会社の登記事項

株式会社の代表取締役の氏名及び住所は登記事項とされています。

株式会社では役員の住所のうち代表取締役の住所のみが登記事項ですが、有限会社においては取締役と監査役の住所が登記事項とされています。

登記事項に変更が生じたらすべきこと

登記事項に変更が生じたときは、2週間以内にその変更登記を申請しなければなりません。

そのため、代表取締役が住所を移転したときはその旨の変更登記を申請する必要があります。

有限会社は各取締役、各監査役が住所を移転する度に、その変更登記を要します。

本店所在地が代表取締役の自宅住所の場合は、引っ越しをしたら代表者の住所変更にあわせ、本店移転の登記も必要となりますので注意しましょう。

(変更の登記)

会社法第915条1項

会社において第911条第3項各号又は前3条各号に掲げる事項に変更が生じたときは、2週間以内に、その本店の所在地において、変更の登記をしなければならない。

(登記に関する特則)

整備法第43条1項

特例有限会社の登記については、会社法第911条第3項第13号中「氏名」とあるのは「氏名及び住所」と、同項第14号中「氏名及び住所」とあるのは「氏名(特例有限会社を代表しない取締役がある場合に限る。)」と、同項第17号中「その旨及び監査役の氏名」とあるのは「監査役の氏名及び住所」とする。

ポイント!

代表取締役が住所を移転したときは必ず2週間以内に法務局へ変更の登記を申請しましょう。

申請期限2週間の起算点はいつ?

登記の申請期限である「2週間以内」とは具体的にいつまでなのかは、起算点をもとに考えます。

住所の変更の登記申請において、起算点は「住所を移転した日」になります。

役所に移転を「届け出た日」ではありません。

ポイント!

「住所を移転した日」の翌日から2週間以内に変更の登記を申請しましょう。

申請期限を過ぎたら申請できない?

たとえ申請期限を過ぎてしまったとしても、登記申請を行うことができます。

申請期限を過ぎていることを理由に、申請を却下されることはありません。

ポイント!

申請期限を過ぎてしまったら、気づいた時点で早急に変更の登記申請を行いましょう。

登記懈怠と過料

申請期限を過ぎても申請ができるとはいえ、申請期限の2週間を過ぎると、代表者個人が100万円以下の過料の制裁を受ける可能性がでてきます。

申請期限を過ぎて登記申請をしたすべての会社が必ず過料の制裁を受けるわけではありませんが、どのような基準で過料の制裁を与えるのか、またその金額は明らかにされておりませんので、一概には大丈夫だとか金額はいくらだとかは言えないのが実態です。

ただ、期限が過ぎれば過ぎた分だけ金額が高額になっていくようですので、やはり登記懈怠を起こさないことが最善ですが、もし登記懈怠を起こしてしまっていたら気づいた時点で早急に登記申請をするべきです。

ポイント!

登記申請期限を過ぎると、100万円以下の過料の制裁を受ける可能性があります。

変更登記に必要な添付書類

代表取締役の住所変更登記には、添付書類は必要ありません。

(代理人に依頼する場合は委任状が必要です。)

しかし、住所移転日と移転後の住所は登記簿に記載されることになりますので、日付・記載を間違って登記申請をしないように住民票を用意しておいた方が無難です。

ポイント!

事実を正確に登記簿に反映させるため、住民票を取得しておきましょう。

代表取締役の重任登記と住所変更

代表取締役の重任登記の際に、代表取締役に住所変更が生じているときは、現在の住所で重任登記をすることができることになっています。

登記簿に記載されている住所を「従前住所A」とする代表取締役が、代表取締役重任時にその住所を「現在住所B」へ移転しているときは、

<登記すべき事項>

「役員に関する事項」

「資格」代表取締役

「住所」現在住所B

「氏名」〇〇〇〇

「原因年月日」令和○○年○月○日重任

のように、現在の住所で重任登記を申請することが可能です。

ポイント!

重任登記の際、登記簿上の住所に変更がないか確認しましょう。

法務局以外への届出

代表取締役の住所に変更が生じた時は、法務局で変更の登記を済ませた後、税務署への異動届出書の提出が必要です。

そのほかにも、必要に応じて都道府県税事務所や市町村役場、年金事務所等へ住所を変更した旨の届出を行います。

 

LegalScriptで法人登記書類を簡単作成

「登記をもっとシンプルに、もっとスマートに」をコンセプトに、会社設立や住所移転などの法人登記書類作成を気軽に行えるサービスです。
フォームに従って必要事項を入力するだけで必要な書類を簡単作成。
会社の資金の節約、事務負担の削減をお手伝いいたします。