LegalMedia(リーガルメディア)では、会社の法務担当者の方のお悩みを解決する情報を配信します。

会社設立

会社設立に必要な会社実印の印鑑証明書

会社設立に必要な印鑑証明書

会社設立の手続きを行うには、会社の設立をする人である発起人と出資者の実印と印鑑証明書の提出が必要です。

発起人個人の実印

会社設立者(発起人)個人の実印は、事前に役所に登録している印鑑のことで、保有していない場合にはあらかじめ実印作成を行う必要があります。

実印作成を行っていなければ、会社設立の手続きを進めることができなくなるので、事前に行っておくべき事項と言えるでしょう。実印が本人のものだと判断する上の証明書と言えるものが印鑑証明書になります。

会社の実印

設立者の個人実印のほかに、会社を設立するためには会社の実印作成も行う必要があり、設立の登記のときに登録をします。また、会社の実印に関しては設立が完了した後でも、様々な手続きのために使います。

個人の印鑑証明書を取得する方法

また、個人の印鑑証明書は市町村役場で取得することになりますが、そのための方法を把握しておくと良いでしょう。

市町村役場の窓口で申請する必要があり、印鑑登録証カードを持参して申請の手続きを行います。多くの市町村役場では、証明書を発行するための自動交付機が設置されています。証明書の自動交付機を使うと簡単に証明書を発行することが可能です。自治体の中には印鑑証明書の電子申請を行っているところもあり、自分が住んでいる自治体のホームページなどで確認ができます。電子申請が可能な自治体であれば、役場まで行かなくてもインターネット上で申請することで登録証を取得することが可能です。電子申請が行える場合には、ホームページ上に手続きに関する各種事項が記載されていると考えられますが、万が一わからないことがあるときには自治体の専用窓口まで問い合わせることがおすすめです。

印鑑証明書で住所の記載を確認

印鑑証明書の取得に成功したら、その後に会社設立登記申請書や添付書面の住所の記載が、印鑑証明書の住所と一致しているか確認することが大事です。

少しでも記載されている事項と実際の情報が異なっていると、登記申請をするときに受付けてもらえない可能性があるために十分に注意するようにしましょう。