リーガルメディア > 法務 > 法人の種類まとめ 登記費用や形態を徹底比較
法務 総務・労務

法人の種類まとめ 登記費用や形態を徹底比較

法人とは?

法人とは、一定の活動を営む組織が法律上で人格を認められ、権利・義務の主体となる権利能力を与えられたものをいいます。

法人の種類にはたくさんありますが、「公法人」と「私法人」に分かれており、公法人とは公共団体ともいわれ、国や地域のために行政目的の公の活動を行う法人です。

営利法人と非営利法人

私法人には大きく分けて「営利法人」と「非営利法人」があり、我々が起業を考える際に自分に適した法人の形態を選んで設立することになります。

株式会社、合同会社、社団法人、財団法人、NPO法人などが挙げられます。

株式会社の仕組みと特徴

法人で最も多いのが「営利法人」で株式会社が含まれます。「株式」を保有することで、株式会社の構成として利益の分配を受けることができます。

設立に最低限必要な人数は1名で資本金は1円以上、設立手続きは登記のみで可能です。株式を発行して多くの人々からお金を集めることで事業を行うことができます。

合同会社の仕組みと特徴

合同会社は株式会社とは異なり原則として外部の出資者が存在しないので、出資者と役員が基本的に同人物になります。決算公告も不要で、出資をすることなく経営を行うことができないのが特徴です。

社団法人、財団法人、NPO法人の仕組みと特徴

社団法人は一般社団法人と公益社団法人がありますが、一般では事業の制限がなく、社員は2名以上で法人の設立が可能です。

一般社団法人設立は拠出金0円から設立可能です。利益配分も行わないだけで、利潤追求、役員や社員への給与支払いなどは他の法人と同じ仕組みです。

公益社団法人は都道府県や内閣府に公益認定申請を行い、認定を受けて設立する法人です。

財団法人は、一般財団法人の設立に300万円以上の金銭が必要で、活動内容や公益性が問われないところは一般社団法人と同じです。

NPO法人は、非営利法人で20の特定分野に該当する活動で企業できて利益追求が可能です。設立手続きには登記と所轄庁の認証が必要です。

各法人設立に必要な費用

法人設立には、資本金、登録免許税、定款認証手数料などの費用が必要になります。株式会社は最低15万円、合同会社は最低6万円、社団法人や財団法人は15万程度、NPO法人は数千円程度です。

自分がこれから立ち上げようとしている事業がどの法人形態が適しているかをしっかりと比較検討して、設立することをお勧めします。

LegalScriptで法人登記書類を簡単作成

「登記をもっとシンプルに、もっとスマートに」をコンセプトに、会社設立や住所移転などの法人登記書類作成を気軽に行えるサービスです。
フォームに従って必要事項を入力するだけで必要な書類を簡単作成。
会社の資金の節約、事務負担の削減をお手伝いいたします。