株式会社の目的を変えるなら目的変更登記をDIYで

LegalScript

目的変更登記に必要な書類を簡単作成

新しい事業を始める・事業を見直すタイミングで必要になる目的変更登記。
忘れていると取引に影響が出たり、最悪の場合過料(罰金)を支払わなければならないことも
そこで、LegalScriptは専門家に頼むと何万円もかかる手続きをリーズナブルな価格で提供します。

経費削減

リーズナブルな価格で経費削減

スピーディ

簡単入力でスピーディー

PCで完結

自宅・オフィスのPCで完結

会社の目的を変更するタイミング

case 1新しい事業を始めるとき

定款に記載された目的の範囲外で、新しく事業を始める時には目的を変更する必要があります。

case 2許認可が必要な事業を行うとき

古物商や飲食店、宅地建物取引業など許認可を得る必要がある事業を行う場合、申請の前に目的を変更する必要があります。

case 3目的に記述している事業をやめる場合

目的の記載のある事業を行わない事による罰則はありません。しかし、融資を受ける際などに目的と事業内容が伴っていないと問題になることもありますので、場合によっては目的を変更する必要があります。

リーガルスクリプトなら
ガイドに従った簡単な入力で
専門家が作る手続き書類を
すばやく作成

  • ガイドに従って情報を入力

    ガイドに従って情報を入力

  • 入力した情報を基に手続き書類を自動作成

    入力した情報を基に手続き書類を自動作成

  • 申請書類を提出

    印刷・捺印して申請書類を提出

パソコンやスマホから簡単に作成

こんな人に向いています

書類は自分で作成できないけど専門家を探すのが面倒

書類は自分で作成できないけど専門家を探すのが面倒

LegalScriptならオンラインで作成するので全国対応

ややこしい書類を作るのはちょっと苦手

ややこしい書類を作るのはちょっと苦手

LegalScriptならWEBフォームに情報を入力するだけで完成

自分で目的変更登記をやってみたい

自分で目的変更登記をやってみたい

LegalScriptならオフィス・ご自宅のPCで書類を作成

なにより安く手続きを済ませたい

なにより安く手続きを済ませたい

LegalScriptなら専門家いらずでコスト削減

登録は無料で簡単!
しかも、書類発行ごとの決済だから余計な手間がかかりません

目的変更登記書類の作成

書類発行9800円(税別)

書類発行後、90日間は編集可能

LegalScriptが対応している法人登記と主な機能

会社設立登記(株式会社)

会社を設立した際に、法務局に申請が必要です。
署名付電子定款作成依頼も無料オプションとして利用可能です。

  • 書類の自動作成
  • 登記申請ガイド
  • 登記設立後に必要な手続きの案内
  • 電子定款作成(0円)
詳しくはこちら

本店移転登記(株式・有限・合同会社)

会社の本店を移転した際に、法務局に申請が必要です。
代表取締役の住所変更もオプションとして利用可能です。

  • 書類の自動作成
  • 登記申請ガイド
  • 法人情報の検索
  • 代表取締役の住所変更も同時に可
詳しくはこちら

代表取締役の住所変更登記(株式会社)

会社の代表者が引っ越した際に、法務局に申請が必要です。

  • 書類の自動作成
  • 登記申請ガイド
  • 法人情報の検索
詳しくはこちら

定款の再作成(株式会社)

定款を無くした・新しく必要になった際に、定款の再作成が必要です。

  • 定款の自動作成
  • ご利用ガイド
  • 法人情報の検索
詳しくはこちら

商号変更登記(株式会社)

会社の名称(商号)を変更する際に、法務局に申請が必要です。

  • 書類の自動作成
  • ご利用ガイド
  • 法人情報の検索
詳しくはこちら

目的変更登記(株式会社)

新しい事業を始めるなど会社の目的を変更する際に、法務局に申請が必要です。

  • 書類の自動作成
  • ご利用ガイド
  • 法人情報の検索
詳しくはこちら

スキマ時間で手軽に目的変更
「リーガルスクリプト」

LegalScriptで書類作成をはじめる
書類作成