アカウントをお持ちの方はこちら

「登記」をもっとシンプルに、もっとスマートに

会社のオフィス(本店)が引っ越しした時に忘れてはならないのが本店移転登記
忘れていると取引に影響が出たり、最悪の場合過料(罰金)を支払わなければならないことも
でも、転出届を出すだけの個人の引越しと違って、結構面倒な書類が必要だったり…
そこで、LegalScriptは専門家に頼むと何万円もかかる手続きをリーズナブルな価格で提供します。

経費削減

リーズナブルな価格で経費削減

スピーディ

簡単入力でスピーディー

PCで完結

自宅・オフィスのPCで完結

こんな人に向いています

書類は自分で作成できないけど専門家を探すのが面倒

書類は自分で作成できないけど専門家を探すのが面倒

LegalScriptならオンラインで作成するので全国対応

ややこしい書類を作るのはちょっと苦手

ややこしい書類を作るのはちょっと苦手

LegalScriptならWEBフォームに情報を入力するだけで完成

自分で本店移転登記をやってみたい

自分で本店移転登記をやってみたい

LegalScriptならオフィス・ご自宅のPCで書類を作成

なにより安くで手続きを済ませたい

なにより安くで手続きを済ませたい

LegalScriptなら専門家いらずでコスト削減

リーガルスクリプトなら
ガイドに従った簡単な入力で
専門家が作る手続き書類を
すばやく作成

  • 書類作成にかかる経費を削減

    ガイドに従って情報を入力

  • 面倒な複数の書類も自動で発行

    入力した情報を基に手続き書類を自動作成

  • 書類は最短で即日ダウンロード可能

    書類を印刷して役所に提出or郵送

本店移転登記に必要な書類をパソコンやスマホから簡単に作成

登録は無料で簡単!
しかも、書類発行ごとの決済だから余計な手間がかかりません

旧本店と新本店の所在地が同一法務局の管轄内の場合

書類発行 7000円(税別)

代表取締役の住所移転オプション無料

※手続きには登録免許税:実費30000円が必要です。
※書類発行後、90日間は編集可能

旧本店と新本店の所在地が同一法務局の管轄外の場合

書類発行 9000円(税別)

代表取締役の住所移転オプション無料

※手続きには登録免許税:実費60000円が必要です。
※書類発行後、90日間は編集可能

司法書士に頼むより、3万円以上お得です。

リーガルスクリプト 司法書士への依頼(参考)
書類作成費 ¥7,560(税込) ¥40,000~
登録免許税 ¥30,000 ¥30,000
合計 ¥37,560 ¥70,000~

※管轄内登記のみ行う場合

住所移転登記の手続きに掛かる料金は、
旧本店と新本店の所在地が同一法務局の管轄内である場合、司法書士に支払われる報酬(平均約4万円)※と登記の際に法務局に支払う登録免許税(3万円・管轄内登記のみの場合)
合計で約7万円ほどになります。
※日本司法書士会連合会司法書士の報酬と報酬アンケートを参考に算出

リーガルスクリプトでは、書類作成は自分で行うため、
管轄内の場合、書類発行代金(税込7560円)と登録免許税(3万円)の合計 3万7560円。
手続きに掛かる経費を大幅に削減できます。

スキマ時間で手軽に本店移転
「リーガルスクリプト」

LegalScriptで移転登記をはじめる
本店移転登記開始画面